『奇妙な花嫁』E.S.ガードナー【感想】今のところ全作ハズレなし

The Case of the Curious Bride 1934年発表 弁護士ペリー・メイスン5 宇野利泰訳 新潮文庫発行 前作『吠える犬』 次作?『義眼殺人事件』 まずは前作の感想でも言ったのだが、ペリー・メイスンもののお約束である次回予告がなかった件(本作の中身とは少し違…

『指輪物語 王の帰還上・下』J.R.R.トールキン【感想】余韻を醸成させてまだまだ味わいたいので追補編は読まない

The Return of The King 1955年発表 瀬田貞二・田中明子訳 評論社発行 前作『二つの塔』 ついに指輪物語を読み終えました。感無量というか、まあ人並みの感想しか出てこないわけなんですが、ずっと映画版にしか触れてこなかった人間からしてみれば、一の指輪…

『O・ヘンリー短編集(1)』O・ヘンリー【感想】皮肉っぽい筆致すら愛しい

1906年~ 大久保康雄訳 新潮文庫発行 初O・ヘンリーです。 O・ヘンリーという男 O・ヘンリー(本名:ウィリアム・シドニー・ポーター)は、1862年にアメリカのノースカロライナ州で生まれました。3歳で母親を亡くし、父方の祖母の家で暮らすことになったポー…

『かくして殺人へ』ジョン・ディクスン・カー【感想】ド直球のラブコメがど真ん中に直撃

And So to Murder 1940年発表 ヘンリ・メリヴェール卿 白須清美訳 創元推理文庫発行 前作『読者よ欺かるるなかれ』 次作『九人と死で十人だ』 登場人物たちが演じる役柄とその関係性が話のミソでもあるので、あらすじは省略しますが、ド直球のラブコメなので…

さらっと近況をご報告

仕事が断然忙しくなった。しかも、来年からもっと忙しくなる。さらに、もうすぐ第二子が産まれる。そして、育児休業を取得する。 縁あって、会社の広報担当に就いたこともあり、広報誌(紙)の作成業務が大幅に増えた。 なんでもかんでもブログのおかげにす…

『検察側の証人(戯曲)』アガサ・クリスティ【感想】最上級の欺しをあなたに

1953年初演 アガサ・クリスティ原作 早川書房発行 本作は、1933年にアガサ・クリスティが刊行した短編集『死の猟犬』に収録された短編小説を戯曲化した作品。1953年にロンドンで初演されて以降、映画化や舞台化など様々な形で長年にわたって、題材にとりあげ…

『シーザーの埋葬』レックス・スタウト【感想】フロンティア精神がかっこいい

1939年発表 ネロ・ウルフ6 大村美根子訳 光文社文庫発行 前作『料理長が多すぎる』 次作『我が屍を乗り越えよ』 粗あらすじ 愛する蘭の出品のため重い体を動かしたウルフは、旅路の途中で自動車事故に見舞われる。運転者兼助手のアーチー・グッドウィンと、…

ELDEN RINGをやってみたら想像通り最高だったのでとりあえずなんか書く

アーマード・コア、DARKSOULSシリーズなど、数多くのアクションゲームを世に送り出したフロム・ソフトウェアの最新作『ELDEN RING』を2時間ほど(!)プレイしてみて、想像通り最高だったので、勢いのままなんか書く。 正直、アクションゲームは苦手だ。単…

『怪盗ニック全仕事2』エドワード・D・ホック【感想】ダークヒーローものとしても楽しめる

前作『怪盗ニック全仕事1』 次作『怪盗ニック全仕事3』 「価値のない、もしくは誰も盗もうとは思わないもの」だけを盗むプロの泥棒、ニック・ヴェルヴェットが活躍する全仕事を、作者ホックの発表順に編み直した全集の第二弾。 本作ではちょっと変わり種が…

初めて新型コロナウイルス感染症に罹患したので一応記録しておく

30代男性 基礎疾患無 ワクチン2回接種済み 発症1日目 夜仕事から帰ってくると喉に違和感が。痛みはないが、なにかつっかえたようなイガイガとした感じ。 念のため熱を測ってみると37.3℃。しんどくはないが若干火照っているような感じ。これは、やったな(…

『その死者の名は』エリザベス・フェラーズ【感想】一冊でわかるすごいシリーズやん

Give a Corpse a Bad Name 1940年発表 トビー&ジョージ1 中村有希訳 創元推理文庫発行 初フェラーズです。ミステリ愛好家からの評判もかなり良いですよねえ。自然と期待値が上がります。 かたいなかのチョービー村で起こった珍事件が物語の中心です。 深夜…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.4

はいあの企画の第4弾です。全然終わりません。 Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band(1967) 毎年アルバムを出してライブをするのくりかえし、ツアー各地で起こるトラブル、演奏の再現性の低さなど、コンサート活動へのやる気を失っていたThe Beatlesが、…

2021年読了ミステリベストテン(ファイブ)

新年あけましておめでとうございます。 いつのまにか明けててびっくりしてます。 皆さんいかがお過ごしですか?元気ですか? こちら2021年はびっくりするぐらい仕事の方でいっぱいいっぱいで、ブログも読書も全然はかどりませんでした。 あと4~5年はこん…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.3

The Beatlesのオリジナルアルバムからプレイリストを作るシリーズ第三弾です。 今回は英国盤公式オリジナル・アルバムの6作目~聞いていきましょう。 こっから化け物揃いなんですよ……。 Rubber Soul(1965) シタールなどの東洋の楽器が多数用いられ、アー…

『ドイル傑作集Ⅱ海洋奇談編』アーサー・コナン・ドイル【感想】傑作集ねえ……

久々のアーサー・コナン・ドイルです。 ドイルが晩年に編んだ集大成的短編集The Conan Doyle Stotiesの中から、Tales of Blue Waterという括りでまとめられた海や水にまつわる短編たちが収められています。 結論から言えば、ミステリとして秀逸な作品はない…

あの赤い星が欲しい

赤いはてなスターがいっぱいもらえるんですってね。 はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」をやってみます。 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? ミステリ作家ドロシー・L・セイヤーズの長編『毒を食らわば』に登場する、探偵ピー…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.2

前回に引き続きThe Beatlesのオリジナルアルバムからプレイリストを選ぶシリーズ 個人的な好き嫌いで選んでいるので、あなたの好きなアノ曲は入っていないかも。 今回は3作目~5作目まで A Hard Day’s Night(1964) The Beatlesのアルバムで初めて全曲が…

『災厄の町』エラリー・クイーン【感想】逆転の構図が光る名作

CALAMITY TOWN 1942年発表 エラリー・クイーン 越前敏弥訳 ハヤカワ文庫発行 前作『ドラゴンの歯』 次作『靴に住む老婆』 ネタバレなし感想 ついにライツヴィルにやってまいりました。ライツヴィルとはニューヨークの北方に位置するとされる架空の町で、エラ…

『不可能犯罪捜査課・カー短編全集1』ジョン・ディクスン・カー【感想】小粒がいっぱいで普通に辛い

THE DEPARTMENT OF QUEER COMPLAINTS 1940年発表 マーチ大佐 宇野利泰訳 創元推理文庫発行 巨匠カーの短編は初めて。長編にある重奏的なトリック、怪奇現象の波状攻撃はありません。しかし、山椒は小粒でもぴりりと辛いと言いますか、短い物語の中に輪郭のく…

『虎の牙』モーリス・ルブラン【感想】細密フィルターを通せば面白い

Les Dents Du Tigle 1921年発表 アルセーヌ・ルパン9 井上勇訳 創元推理文庫発行 前作『(三十)棺桶島』 次作『八点鐘』 本作でアルセーヌ・ルパンシリーズに挑もうとする読者はほぼいないでしょうが、少なくとも『813』は読んでおいた方が楽しめると思い…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.1

漫才の歴史は、彼以前、彼以後にわかれる これは、お笑い芸人ダウンタウンの松本人志が、M-1グランプリの審査委員として登場するときの出囃子で使われる紹介文句です。この言葉を借りて、ロックの歴史についてもこのように言い換えることができます。 ロック…

『緑は危険』クリスチアナ・ブランド【感想】作者の最高傑作、は伊達じゃない

Green for Danger 1944年 コックリル警部2 中村保男訳 ハヤカワ文庫発行 前作『切られた首』 次作『自宅にて急逝』 完全にミスった。いつもシリーズ作品は、第一作から読むことを習慣にしているのに、間違って2作目から読んでしまった。 まあ、いいか、め…

『ヘラクレスの冒険』アガサ・クリスティ【感想】元ネタを知らずとも十分楽しめる名作

The Labours of Hercules 1947年発表 エルキュール・ポワロ 田中一江訳 ハヤカワ文庫発行 前作『ホロー荘の殺人』 次作『満潮に乗って』 物語は、私立探偵業の引退を目前にしたポワロのアパートから始まる。引退後はカボチャ栽培に勤しむと告げるポワロに、…

『怪盗レトン』ジョルジュ・シムノン【感想】想像していたよりもドロッとせず、キリっとしてる

Pietre le Letton 1929年発表 メグレ警部1 稲葉明雄訳 角川文庫発行 次作『死んだギャレ氏』 メグレ警部と言えば、名探偵コナンの目暮警部の名前の由来になった名探偵です。 その記念すべき1作目が本作『怪盗レトン』なのですが、本書に出会うのには本当に…

『フレンチ警部の多忙な休暇』F.W.クロフツ【感想】警察24時が先か、クロフツが先か

FATAL VENTURE Fatal=致命的な Venture=(金銭的にリスクの高いbusiness)投機、事業 ですから、『死をまねく事業』というところでしょうか 1939年発表 フレンチ警部19 中村能三訳 創元推理文庫発行 前作『フレンチ警部と毒蛇の謎』 次作『黄金の灰』 クロフ…

あおむしがチョウになるまで

虫の写真が出てくるので、苦手な方は【閲覧注意】ぷにぷにの可愛い幼虫だよ 職場であおむしを見つけた。もう可愛くて可愛くて仕方がない。家に持って帰って、息子にも見せてやりたかったのだが、虫嫌いの妻の許可は出ず。「自分のことがちゃんとできるように…

『さよならダイノサウルス』ロバート・J・ソウヤー【感想】恐竜だぞ面白くないわけがない

END OF AN ERA 1994年発表 内田昌之訳 ハヤカワ文庫 ロバート・J・ソウヤーはカナダのSF作家。SFに関する賞を数多く受賞しながらも、雑誌編集者やSF作品の脚本家・専門家として第一線で活躍している。彼の作品はごりごりのSFでありながら、日本のミステリフ…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Rolling Stones】

The Rolling StonesのシンボルマークであるLips and Tongue、ヒンドゥー教の破壊を司る神カーリー神からインスピレーションを得ている 10年以上も昔、同級生とロックバンドを組んでいたとき、ある先輩バンドマンが言いました。「ギターはバンドの血液、ベー…

『本命』ディック・フランシス【感想】硬派と軟派のあいだ

Dead Cert 1962年発表 菊池光訳 ハヤカワ文庫発行 ディック・フランシスという男 ディック・フランシスは1920年ウェールズ生まれ。祖父の代から競走馬の世話や騎手、厩舎に関わりのある家庭で育ち、フランシスも幼少期から乗馬をこなすなど馬になじみの深い…

『指輪物語 二つの塔 上1・上2・下』J.R.R.トールキン【感想】中つ国の地図が欲しい

THE LORD OF THE RINGS 1954年発表 瀬田貞二・田中明子訳 評論社文庫発行 www.bokuneko.com www.bokuneko.com 超ざっくり『旅の仲間』のおさらい フロドと8人の仲間たちはいろんなことがあって一の指輪を葬る旅に出た。 がしかし、矢継ぎ早にいろんなことが…