僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

マーク・トウェイン

『トム・ソーヤーの冒険』マーク・トウェイン【感想】約20年振りの再読

1876年発表 大久保康雄訳 新潮文庫発行 言わずと知れた少年文学の超傑作を約20年ぶりの再読です。たしか、初読は小学校高学年の頃だったと思います。その所為か、記憶に残っているのはタイトル通り“トム・ソーヤーの冒険”物語部分のみ。 彼らを取り巻く大人…