僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

パーシヴァル・ワイルド

『探偵術教えます』パーシヴァル・ワイルド【感想】万人にオススメできる自信作

1947年発表 通信教育探偵ピーター・モーラン 巴妙子訳 ちくま文庫発行 ニューヨーク生まれの奇才パーシヴァル・ワイルドが1947年に上梓した、抱腹絶倒の連作短編推理小説。作者の実体験?を元に生み出された素人迷探偵P(ピーター)・モーランが作中を所狭し…

就寝前のお楽しみ【感想】パーシヴァル・ワイルド『悪党どものお楽しみ』

各話感想 ビル・パームリーという男 発表年:1929年 作者:パーシヴァル・ワイルド シリーズ:ノン・シリーズ 短編推理小説ベストを塗り替えたかもしれませんなー。 本作の感想を書く前に少し語らせていただきます。そもそも、私が短編推理小説と長編推理小…

ミステリファン必読の名作【感想】パーシヴァル・ワイルド『検死審問-インクエスト-』

発表年:1938年 作者:パーシヴァル・ワイルド シリーズ:リー・スローカム検死官2 さてさて、ようやく読むことができました。 本作は、江戸川乱歩が1935年以降のベストテンにランクインさせていたり、ミステリ嫌いのレイモンド・チャンドラーが絶賛していた…