僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

アーサー・コナン・ドイル

シャーロック・ホームズ短編ベスト10【海外ミステリ読了200冊記念】

特定の作家、特定の作品のベスト10系の記事を書くのが初めてなので、だいぶと気合が入っております。 今年の3月にめでたくシャーロック・ホームズ全作を読破し、その時短編ベスト10を決めてみようとは思っていました。 折よく、2015年からハマった海外ミス…

新潮文庫オリジナルがオリジナルすぎる【感想】アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの叡智』

発表年:1892~1927年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ シャーロック・ホームズは実に約1年ぶりでした。ただ本作は、実際にアーサー・コナン・ドイルが発表した短編集ではなく、新潮文庫の発刊の都合上カットされた作品を…

シャーロキアンになる気持ちがよくわかる【感想】アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの事件簿』

発表年:1927年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ5 いつも通り、新潮文庫の延原版を読んだため、『隠居絵具師』と『ショスコム荘』はページ数の都合上割愛されています。いつか『~叡智』を読んだ後に感想を書こうと思いま…

シャーロック・ホームズ最後の挨拶【感想】アーサー・コナン・ドイル

発表年:1893〜1917年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ4 中身は、1893年から1917年の20年以上もの間に書かれた短編たちが集まっているおかげで、今まで以上にバリエーションに富んだ短編集となっています。ちなみに、本ブ…

恐怖の谷【感想】アーサー・コナン・ドイル

発表年:1914年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ 本作は、『緋色の研究』や『四つの署名』と同様に2部構成となっていますが、本作ほど2部構成の醍醐味を味わえる作品は少ないでしょう。 1部では事件の発端から解決まで…

失われた世界【感想】アーサー・コナン・ドイル

発表年:1912年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:チャレンジャー教授1 本作は1912年にあのアーサー・コナン・ドイルによって書かれた初の「SF小説」です。 本シリーズは、古生物学者チャレンジャー教授を主人公に据えて、全5作が発表されている…

華麗な帰還で彼の偉大さ痛感【感想】『シャーロック・ホームズの帰還』アーサー・コナン・ドイル

発表年:1905年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ6 1893年の『シャーロック・ホームズの思い出』で惜しむらくもこの世を去ったシャーロック・ホームズですが、10年の歳月を経て奇跡の生還を果たします。 本書は1903年から19…

厨二心くすぐる魔犬伝説の裏にホームズあり【感想】『バスカヴィル家の犬』アーサー・コナン・ドイル

発表年:1901年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ5 まず、雰囲気がたまりませんねー。ダートムアの陰鬱な池沼地帯を舞台に、魔犬伝説に準えた不気味な事件の幕が上がる、というなんとも厨二心くすぐる題材にワクワクします…

シャーロック・ホームズの思い出【感想】アーサー・コナン・ドイル

発表年:1892〜1893年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ 延原版の本書では、初版本で収められていた『ボール箱』は「シャーロック・ホームズ最後の挨拶」に、『ライゲートの大地主』は「シャーロック・ホームズの叡智」に収…

伝説はここから始まった【感想】『シャーロック・ホームズの冒険』アーサー・コナン・ドイル

発表年:1892年作者:アーサー・コナン・ドイルシリーズ:シャーロック・ホームズ3 本作は、1891年から1892年にかけてイギリスの月刊誌『ストランド・マガジン』に連載されていたシャーロック・ホームズものの短編を集めた短編集です。 この作品を持ってコナ…

特に後半ドイルの筆がすらすらとのっているのはわかる【感想】アーサー・コナン・ドイル『四つの署名』

発表年:1890年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ2(長編) 前作『緋色の研究』において、イーノック・J・ドレッバー殺人事件の解決に成功したホームズですが、その後は本人曰く「だらだらした日常」を送っており、刺激的な…

緋色の研究【感想】アーサー・コナン・ドイル

発表年:1886年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ 緋色ってなんかカッコイイですよね? 青よりも藍色がいいし、緑より翠色、赤よりも緋色ですよね? そんな厨二心くすぐる作品こそ、1886年に執筆されたサー・アーサー・コナ…