ELDEN RINGをやってみたら想像通り最高だったのでとりあえずなんか書く

アーマード・コア、DARKSOULSシリーズなど、数多くのアクションゲームを世に送り出したフロム・ソフトウェアの最新作『ELDEN RING』を2時間ほど(!)プレイしてみて、想像通り最高だったので、勢いのままなんか書く。 正直、アクションゲームは苦手だ。単…

『怪盗ニック全仕事2』エドワード・D・ホック【感想】ダークヒーローものとしても楽しめる

前作『怪盗ニック全仕事1』 次作『怪盗ニック全仕事3』 「価値のない、もしくは誰も盗もうとは思わないもの」だけを盗むプロの泥棒、ニック・ヴェルヴェットが活躍する全仕事を、作者ホックの発表順に編み直した全集の第二弾。 本作ではちょっと変わり種が…

初めて新型コロナウイルス感染症に罹患したので一応記録しておく

30代男性 基礎疾患無 ワクチン2回接種済み 発症1日目 夜仕事から帰ってくると喉に違和感が。痛みはないが、なにかつっかえたようなイガイガとした感じ。 念のため熱を測ってみると37.3℃。しんどくはないが若干火照っているような感じ。これは、やったな(…

『その死者の名は』エリザベス・フェラーズ【感想】一冊でわかるすごいシリーズやん

Give a Corpse a Bad Name 1940年発表 トビー&ジョージ1 中村有希訳 創元推理文庫発行 初フェラーズです。ミステリ愛好家からの評判もかなり良いですよねえ。自然と期待値が上がります。 かたいなかのチョービー村で起こった珍事件が物語の中心です。 深夜…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.4

はいあの企画の第4弾です。全然終わりません。 Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band(1967) 毎年アルバムを出してライブをするのくりかえし、ツアー各地で起こるトラブル、演奏の再現性の低さなど、コンサート活動へのやる気を失っていたThe Beatlesが、…

2021年読了ミステリベストテン(ファイブ)

新年あけましておめでとうございます。 いつのまにか明けててびっくりしてます。 皆さんいかがお過ごしですか?元気ですか? こちら2021年はびっくりするぐらい仕事の方でいっぱいいっぱいで、ブログも読書も全然はかどりませんでした。 あと4~5年はこん…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.3

The Beatlesのオリジナルアルバムからプレイリストを作るシリーズ第三弾です。 今回は英国盤公式オリジナル・アルバムの6作目~聞いていきましょう。 こっから化け物揃いなんですよ……。 Rubber Soul(1965) シタールなどの東洋の楽器が多数用いられ、アー…

『ドイル傑作集Ⅱ海洋奇談編』アーサー・コナン・ドイル【感想】傑作集ねえ……

久々のアーサー・コナン・ドイルです。 ドイルが晩年に編んだ集大成的短編集The Conan Doyle Stotiesの中から、Tales of Blue Waterという括りでまとめられた海や水にまつわる短編たちが収められています。 結論から言えば、ミステリとして秀逸な作品はない…

あの赤い星が欲しい

赤いはてなスターがいっぱいもらえるんですってね。 はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」をやってみます。 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? ミステリ作家ドロシー・L・セイヤーズの長編『毒を食らわば』に登場する、探偵ピー…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.2

前回に引き続きThe Beatlesのオリジナルアルバムからプレイリストを選ぶシリーズ 個人的な好き嫌いで選んでいるので、あなたの好きなアノ曲は入っていないかも。 今回は3作目~5作目まで A Hard Day’s Night(1964) The Beatlesのアルバムで初めて全曲が…

『災厄の町』エラリー・クイーン【感想】逆転の構図が光る名作

CALAMITY TOWN 1942年発表 エラリー・クイーン 越前敏弥訳 ハヤカワ文庫発行 前作『ドラゴンの歯』 次作『靴に住む老婆』 ネタバレなし感想 ついにライツヴィルにやってまいりました。ライツヴィルとはニューヨークの北方に位置するとされる架空の町で、エラ…

『不可能犯罪捜査課・カー短編全集1』ジョン・ディクスン・カー【感想】小粒がいっぱいで普通に辛い

THE DEPARTMENT OF QUEER COMPLAINTS 1940年発表 マーチ大佐 宇野利泰訳 創元推理文庫発行 巨匠カーの短編は初めて。長編にある重奏的なトリック、怪奇現象の波状攻撃はありません。しかし、山椒は小粒でもぴりりと辛いと言いますか、短い物語の中に輪郭のく…

『虎の牙』モーリス・ルブラン【感想】細密フィルターを通せば面白い

Les Dents Du Tigle 1921年発表 アルセーヌ・ルパン9 井上勇訳 創元推理文庫発行 前作『(三十)棺桶島』 次作『八点鐘』 本作でアルセーヌ・ルパンシリーズに挑もうとする読者はほぼいないでしょうが、少なくとも『813』は読んでおいた方が楽しめると思い…

ROCK AND ROLL AND RAMBLE【The Beatles】Vol.1

漫才の歴史は、彼以前、彼以後にわかれる これは、お笑い芸人ダウンタウンの松本人志が、M-1グランプリの審査委員として登場するときの出囃子で使われる紹介文句です。この言葉を借りて、ロックの歴史についてもこのように言い換えることができます。 ロック…

『緑は危険』クリスチアナ・ブランド【感想】作者の最高傑作、は伊達じゃない

Green for Danger 1944年 コックリル警部2 中村保男訳 ハヤカワ文庫発行 前作『切られた首』 次作『自宅にて急逝』 完全にミスった。いつもシリーズ作品は、第一作から読むことを習慣にしているのに、間違って2作目から読んでしまった。 まあ、いいか、め…