僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

『メインテーマは殺人』アンソニー・ホロヴィッツ【ネタバレなし感想】100年先も読まれ続ける等身大の超傑作

2017年発表 山田蘭訳 創元推理文庫発行 2018年の海外ミステリランキングを全て制覇した『カササギ殺人事件』からわずか1年。またもやアンソニー・ホロヴィッツは怪物を世に解き放った。今度は、作者アンソニー・ホロヴィッツ自らがワトスン役(語り手)を担…

『死が最後にやってくる』アガサ・クリスティ【感想】女王にナメられている

1945年発表 歴史ミステリ? 加島祥造訳 ハヤカワ文庫発行 一つ言えるのは、古代エジプトミステリ……ではない、ということ。 本書の事件は紀元前二千年頃のエジプト、ナイルの河畔にあるシーブズ(古代エジプトの都市でいまのルクソール)で起こります。といっ…

『ジョン・ウィック/チャプター1・2』を見て最新作の予習をしたので魅力をまとめる

この界隈のアクション映画について、あんま詳しくはないんですけど、シリーズ最新作が公開された、ということで、予習も兼ねて『ジョン・ウィック/チャプター1』そして『チャプター2』を見てみましたよ。 で、めっちゃ面白かったんで、みんなにもオススメ…

『ギルフォードの犯罪』F.W.クロフツ【感想】等身大で原寸大の身近なミステリ

1935年発表 フレンチ警部13 前作『サウサンプトンの殺人』 中山善之訳 創元推理文庫発行 宝石商ノーンズ商会の役員会議から始まる本書は、作者F.W.クロフツがアリバイや鉄道に並んで得意とする企業犯罪がテーマの骨太な一作。 関係者の死と大量の貴金属の盗…

ぼくねこ、家を買う【家づくりスタート編3】

前2回はコチラ 【スーモカウンターを利用した家づくり】 【セミナーや相談会を利用した家づくり】 【どこにも仲介してもらわない】という選択肢。 もちろんアリ。全然アリ。 ただし、家づくりについての知識が全く無い真っ新な状態の場合には注意が必要。例…

ぼくねこ、家を買う【家づくりスタート編2】

前回に続いて今回は、家づくりのスタートにおいて【家づくりセミナー】を利用した場合に、どのようなメリット・デメリットがあるか記録しておきたい。 www.bokuneko.com 【家づくりセミナー】と言っても、スーモカウンターが行っているのも家づくりセミナー…

ぼくねこ、家を買う【家づくりスタート編1】

当記事は、一戸建てを注文住宅で建築しようと検討されている方向けの記事です。 マイホーム探しを始めてはや半年。週末が来るたびに工務店やハウスメーカーを巡り、設備系メーカーの展示場を見学するそんな忙しい日々もようやく終わりを告げようとしている。…