僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

アガサ・クリスティ

クリスティの円熟を感じさせる一作【感想】アガサ・クリスティ『白昼の悪魔』

発表年:1941年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:エルキュール・ポワロ20 訳者:鳴海四朗 ほぼ半年ぶりのポワロものの長編です。 去年は月一ポワロを目標にしていたのですが、1940年代に挑む前にそれ以前の積読がどんどん増えてきて…ちょっとペースダウ…

今はただ長編を読みたい【感想】アガサ・クリスティ『黄色いアイリス』

発表年:1932~1939年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:ポワロ、パーカー・パイン、ミス・マープル、ノンシリーズ 訳者:中村妙子 コレっていう作品が無いのは惜しいですねえ… 各話感想 『レガッタ・デーの事件』パーカー・パイン よくある紛失事件。で…

『オリエント急行殺人事件』【ネタバレなし感想】線香花火のような

©2017Twentieth Century Fox Film Corporation 公開から1ヵ月近く経った1月某日、ついにアガサ・クリスティ原作の映画『オリエント急行殺人事件』を鑑賞してきました。 前日までに、原作もサラッと読み返し、復習もバッチリ。 で感想なんですが、タイトル…

クリスティ作品をざっくり型で分類してみた【感想】アガサ・クリスティ『死人の鏡』

発表年:1937年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:エルキュール・ポワロ 訳者:小倉多加志 各話感想 ざっくりクリスティ作品分類 ありきたり型 モンスター型 ロマンス型 アブノーマル型 クリスティ型 本作はエルキュール・ポワロものの中編が4編収められ…

クリスティはタイムトラベラー?【感想】アガサ・クリスティ『NかMか』

発表年:1941年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:トミー&タペンス3 訳者:深町眞理子 トミー&タペンスの軌跡 当記事のタイトルについて ミステリとして 何か違うことを言おう、違うことを言おう、と悩み過ぎた結果がこれです。 正直、講談社から出版…

粗の数々もそれすら愛おしい【再読感想】アガサ・クリスティ『スタイルズ荘の怪事件』

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,矢沢聖子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/10/01 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (47件) を見る 発表年:1920年 …

一冊で二度おいしい短編集【感想】アガサ・クリスティ『パーカー・パイン登場』

パーカー・パイン登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,乾信一郎 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/01/01 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 発表年:1932~1934年 作者:…

クリスティの復讐成るか!?中期の意欲作【ネタバレ感想】アガサ・クリスティ『愛国殺人』

愛国殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/06/14 メディア: 文庫 クリック: 12回 この商品を含むブログ (19件) を見る 発表年:1940年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:エ…

杉なのに花粉症にならないヒーリングミステリ【感想】『杉の柩』アガサ・クリスティ

杉の柩 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,恩地三保子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/05/14 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (30件) を見る

謎解きも容易だ【感想】アガサ・クリスティ『殺人は容易だ』

殺人は容易だ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,高橋豊 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/03/16 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (10件) を見る

どうか神様こんなクリスマスになりませんようにアーメン【感想】アガサ・クリスティ『ポアロのクリスマス』

発表年:1938年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:エルキュール・ポワロ17 「思いきり兇暴な殺人を」 というリクエストを受けて作られた本作は、その期待に応えるだけの力作にはなっています。多少ハリボテ感がしないでもないですが… まずは粗あらすじ ク…

悪党は殺人者か独裁者か【感想】アガサ・クリスティ『死との約束』

死との約束 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,高橋豊 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/05/14 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (14件) を見る

クリスティ自画自賛の雄編【感想】アガサ・クリスティ『ナイルに死す』

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/10 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 52回 この商品を含むブログ (43件) を見る

さらばヘイスティングズまた合う日まで【感想】アガサ・クリスティ『もの言えぬ証人』

もの言えぬ証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/12 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (20件) を見る

死の猟犬よ、おまえは何が言いたいのだ【感想】アガサ・クリスティ『死の猟犬』

死の猟犬 (クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,小倉多加志 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/08/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

クリスティ先生処方の精神安定剤【感想】ー『リスタデール卿の謎』アガサ・クリスティ

さっそくアガサ薬局に行かなくては。 リスタデール卿の謎 (クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,田村隆一 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/08/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

巧みな舞台設定と小道具の数々が光る中期の名作【感想】アガサ・クリスティ『ひらいたトランプ』

ブリッジは詳しくないけど、ハーツはよくしたなぁ ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/10 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含…

性格や人格から推理する人にはオススメ【感想】アガサ・クリスティ『メソポタミヤの殺人』

メソポタミヤの殺人 (クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,石田善彦 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/08/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 発表年:1936年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:エルキュール・ポワロ12 まず…

謎のクィン氏【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

以下サタースウェイト氏(69)と同年齢(2016年度末時点)荒俣宏・高田純次・蛭子能収・西田敏行 謎のクィン氏 (クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,嵯峨静江 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2012/08/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブ…

ブラック・コーヒー【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

紅茶でもチョコレートでもないブラック・コーヒー ブラック・コーヒー (小説版) (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティ,中村妙子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/09/16 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (7…

おしどり探偵【感想】アガサ・クリスティ

本作は1929年にアガサ・クリスティによって書かれた、トミー&タペンスものの短編集です。 おしどり探偵 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,坂口怜子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/04/16 メディア: 文庫 購入: 1人 ク…

ホワイダニットの金字塔【感想】アガサ・クリスティ『ABC殺人事件』

17/2/27 やや改稿 ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,堀内静子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/11/11 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 96回 この商品を含むブログ (72件) を見る

雲をつかむ死【感想】アガサ・クリスティ

雲をつかむ死 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/04/16 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (16件) を見る 初めて飛行機に乗ったときのことを覚えていますか? …

三幕の殺人【感想】アガサ・クリスティ

三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,長野きよみ 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/10 メディア: 文庫 クリック: 7回 この商品を含むブログ (21件) を見る 本物の演劇というものを見たことがないの…

眩いほどの冒険小説【感想】『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』アガサ・クリスティ

発表年:1934年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:ノンシリーズ かの名作『オリエント急行の殺人』の次に発表された本作は、先の作品とは違い、眩いほどの冒険小説です。 牧師の四男坊で元軍人のボビィが遭遇した一見転落事故に見える死亡事件。死亡した…

単純なのに複雑そんな乙女心のような一作【感想】アガサ・クリスティ『エッジウェア卿の死』

何言ってんでしょうねのっけから。 エッジウェア卿の死 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,福島正実 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/07/15 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (26件) を見る …

シタフォードの秘密【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

シタフォードの秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)作者: アガサ・クリスティー,田村隆一出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2004/03/16メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見る クリスティの作品を読んでいると、つくづくイギリスっていいなー、…

七つの時計【感想・雑記】ーアガサ・クリスティ

七つの時計 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,深町眞理子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/02/20 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (8件) を見る 数字には各々意味があるって知ってましたか? ヨーロ…

絶対に原題のまんまが良い【感想】アガサ・クリスティ『邪悪の家』

邪悪の家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,田村隆一 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/02/20 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (12件) を見る 発表年:1932年 作者:アガサ・クリスティ シ…

マープル入門書にはこちらがオススメ【感想】『火曜クラブ』アガサ・クリスティ

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,中村妙子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/10/01 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (25件) を見る