僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

ダブルホワイダニット現る【感想】クレイグ・ライス『時計は三時に止まる』

発表年:1939年 作者:クレイグ・ライス シリーズ:J・J・マローン 訳者:小鷹信光 さあ辿り着きましたよ。初クレイグ・ライスです。 ミステリ玄人の中でも愛読者が多い彼女の処女作をついに読みました。 “ユーモア本格”の代表格とも呼ばれる本シリーズです…

『マイティ・ソー/バトルロイヤル』【感想】絶対にシリアスになんかしてやるもんか!という意地を見ました

最初っから最後まで、ずっとアホなんですよ。意地でもシリアス展開に持って行ってやるもんか!という制作サイドのコチコチに頑固な意志の強さを見ました。 なのに物語は破たんしてないという幸運。 まずは、シリーズ未鑑賞の方向けに簡単に説明してみましょ…

海外ミステリを読むなら、まずはこの一冊

先日、定期購読しているブログ『ゴロネ読書退屈日記』のゴロネさんより、こんなコメントをいただいた。 海外ミステリーを読むなら、まずはこの一冊を読んでといった作品があれば教えてください。 海外ミステリの感想ブログを運営しているものにとって、まさ…

ブラウン神父の聖戦【解説】【妄想】『ブラウン神父シリーズ』

他人のほんとの罪を聞くよりほかに、することがなにもないような男が、人間悪についてなんにも知らずにいるなんてことがありますかね? この台詞は、ブラウン神父シリーズ第一作『青い十字架』の中の一節です。 シャーロック・ホームズと双璧を成す短編推理…

おいおいルパンかよ→誠に申し訳ございませんでした【感想】カーター・ディクスン『一角獣の殺人』

一角獣の殺人 (創元推理文庫) posted with ヨメレバ カーター・ディクスン 東京創元社 2009-12-20 Amazon Kindle 発表年:1935年 作者:カーター・ディクスン(J.D.カー) シリーズ:ヘンリー・メリヴェール卿4 訳者:田中潤司 今年度の下半期は、カー作品を…

ギロチンの刃の切れ味に劣らないH・M卿の名推理【感想】カーター・ディクスン『赤後家の殺人』

赤後家の殺人 (創元推理文庫 119-1) posted with ヨメレバ カーター・ディクスン 東京創元社 1960-01-15 Amazon Kindle 発表年:1935年 作者:カーター・ディクスン(J.D.カー) シリーズ:ヘンリー・メリヴェール卿3 粗あらすじ 「部屋が人間を殺せるものか…

密室の使い方が冴えている【感想】カーター・ディクスン『弓弦城殺人事件』

弓弦城殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 6-1)) 作者: カーター・ディクスン,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1976/04/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (11件) を見る 発表年:1933年 作者:カーター・ディ…