僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

【新企画】死んでも見たい映画100選!魂のコレクションたち通称『魂コレ』!!No.1

『死ぬまでに観たい映画100選』とかはよくありますねえ。 死ぬまでに読みたい本、死ぬまでに見たい景色、死ぬまでにやりたいこと、などなど死ぬまでに○○は多すぎる。 そんなに多かったら死ぬまでにできない! 先に死んじゃうよ、と常々思ってます。 でも「死…

『オリエント急行殺人事件』【ネタバレなし感想】線香花火のような

©2017Twentieth Century Fox Film Corporation 公開から1ヵ月近く経った1月某日、ついにアガサ・クリスティ原作の映画『オリエント急行殺人事件』を鑑賞してきました。 前日までに、原作もサラッと読み返し、復習もバッチリ。 で感想なんですが、タイトル…

全てにおいて前作を上回る【感想】ジョージェット・ヘイヤー『マシューズ家の毒』

発表年:1936年 作者:ジョージェット・ヘイヤー シリーズ:ハナサイド警視2 訳者:猪俣美江子 ジョージェット・ヘイヤーのミステリはこれが2回目。 歴史ロマンスの大家として知られる女史の第二長編は、やはり前作と同じような騒々しく喧々たる状況の中始…

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』【感想】キャリー・フィッシャーありがとう

©LUCASFILM/WALT DISNEY PICTURES 適当なタイトルが思いつかなかったのが正直なところなんだけど、真っ先に思いついたのは、 ただただ、 2016年に公開を待たずしてこの世を去ったキャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ役)への感謝の気持ち。 劇中、何度…

2017年下半期読了ミステリベストテン

残念なことに、2017年の下半期は読了本がかなり少なく、たったの27作。 ベストテンの信頼性も薄いですが、決してオススメできない作品は無いんですよね。 この半年は、とにかくカーを読み進めました。 目標はなんといっても傑作と名高い『ユダの窓』 11月に…

ハウダニットの極致【感想】ジョン・ディクスン・カー『ユダの窓』

発表年:1938年 作者:カーター・ディクスン(J.D.カー) シリーズ:ヘンリ・メリヴェール卿7 訳者:高沢治 今年最後の海外ミステリ感想記事になりそうです。でも最後に、本作を紹介できるのは嬉しかったりして… というのも海外ミステリ界に燦然と輝く傑作長…

シンプルを通り越した地味さ【感想】F.W.クロフツ『海の秘密』

発表年:1928年 作者:F.W.クロフツ シリーズ:フレンチ警部4 訳者:向後英一 本作はF.W.クロフツが創造したシリーズ探偵フレンチ警部の第4作目なんですが、いかんせん手に入り難い… 全然新訳じゃなくても良いと思うので、復刊して是非多くの人に手に取って…