僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

一冊で二度おいしい短編集【感想】アガサ・クリスティ『パーカー・パイン登場』

パーカー・パイン登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,乾信一郎 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/01/01 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 発表年:1932~1934年 作者:…

大好きな【うさるの厨二病な読書日記】にYellを

Yell 叫び声をあげる、大声で叫ぶ、どなる エールって、応援、的な意味はなかったんですね。 今日は、ちょっといつもの方針から逸脱して、あるブログについて書きたいと思っています。 わけあって更新が途絶えている(といっても2週間ですが)【うさるの厨…

読書が遅々として進まない13の理由

こうゆうのを書くからほんとうはダメなんですけどね。 最近めっきり読書数が減ってしまいました。前までは月平均6冊くらいは読めていたのですが、7、8月はともに4冊でした。海外ミステリの読了とその感想というのが、当ブログの生命線ですからこれは由々…

一部ミステリ初心者にとっての関門あり【感想】ドロシー・L・セイヤーズ『ピーター卿の事件簿Ⅱ顔の無い男』

顔のない男―ピーター卿の事件簿〈2〉 (創元推理文庫) 作者: ドロシー・L.セイヤーズ,Dorothy Sayers,宮脇孝雄 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2001/04 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (5件) を見る 発表年:1925~1939年 作者:ド…

名作と名高いエラリー・クイーン『悲劇四部作』は本当に順番に読む必要があるか

先日定期購読している『推理小説読んでみる?』で、エラリー・クイーンの悲劇四部作をオススメする記事を読みました。 kirakunimystery.hatenadiary.jp タイトルで誤解を招いてはいけないので、補足しておきますが、今日の記事は、 「どこが本当に名作なんだ…

伝説のサイト「コッサン」が見れない

※当記事は個人的な解釈に基づいており、特定のコンテンツや個人を貶めるものではございません。 コッサンというサイトをご存じだろうか。ご存じでない方のために先に簡単に説明しようと思う。 連載されていた当時から10年近く経ち、当時から一度も目を通して…

親の欲望について自戒の意も込めて

ベイビーハラスメント、最近よく見ますねこのワード。元記事の意見に対する賛否両論もそうですが、派生する言及記事もなかなか興味深くて、ついつい読み漁ってしまいます。それらを読む中で、ベイビーハラスメントについてではなく、元記事でも出てきた親の…