僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

マジジュマンジジャナイ【映画ネタバレ感想】『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

この映画は、アップデートという言葉にいかに信用が無いかを証明している。 ここ数年、映画館で見る映画のチョイスにハズレが無く、どれもが「ああ見てよかった、早くブログに書きたい」と思わせる作品ばかりだったのだが、今回久々に頭を抱えたくなる映画を…

控えめに言って傑作【感想】イズレイル・ザングウィル『ビッグ・ボウの殺人』

発表年:1892年 作者:イズレイル・ザングウィル シリーズ:ノンシリーズ 訳者:吉田誠一 ひと月以上前に読んだ作品ということもあって、いかんせん記憶が曖昧で、抜けているところがあれば申し訳ないのですが、まあ面白かったのは覚えています。 再度片手に…

ルパン史上最強最悪は伊達じゃない【感想】モーリス・ルブラン『水晶の栓』

発表年:1912年 作者:モーリス・ルブラン シリーズ:アルセーヌ・ルパン6 訳者:平岡敦 だいぶと久々の更新になってしまいました…身体的にも精神的にも追い込まれた年度末・年度初めでしたが、ぼちぼちと「いつもどおり」を取り戻し始め、やっと4月1冊目…

ベスト・オブ・バンコラン【感想】ジョン・ディクスン・カー『蝋人形館の殺人』

発表年:1932年 作者:ジョン・ディクスン・カー シリーズ:アンリ・バンコラン4 アンリ・バンコランものは約1年ぶりでした。前作『髑髏城』は、ドイツの古城を舞台に、禍々しい雰囲気がダイレクトに伝わってくる作品で、仏独の二大探偵同士の推理合戦にも…

ブログ僕の猫舎についての自己省察2018Edition〜みんなブログ書けばいいのに〜

年に数回、ブログというもの、特にミステリの書評ブログとしての【僕の猫舎】について、自己省察したくなる時期がやってきます。 そういやあ、昨日の深夜ヘッダー画像を変えました。 ここ一か月くらいは、今まで自分が自信を持ってやってきた内容にもかかわ…

新潮文庫オリジナルがオリジナルすぎる【感想】アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの叡智』

発表年:1892~1927年 作者:アーサー・コナン・ドイル シリーズ:シャーロック・ホームズ シャーロック・ホームズは実に約1年ぶりでした。ただ本作は、実際にアーサー・コナン・ドイルが発表した短編集ではなく、新潮文庫の発刊の都合上カットされた作品を…

会心の一撃が当たるかどうかが問題【感想】F.W.クロフツ『マギル卿最後の旅』

発表年:1930年 作者:F.W.クロフツ シリーズ:フレンチ警部6 訳者:橋本福夫 裏面の解説には、 著者の作品の中でも一、二を争う名作 と評されていましたがどんなもんでしょう。 タイトルに「旅」が入ってるため、これはまたフレンチ警部が「捜査」と称して…