僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

アントニイ・バークリー

これは良い伯母ミステリ【感想】アントニイ・バークリー『ピカデリーの殺人』

ピカデリーの殺人 (創元推理文庫) 作者: アントニー・バークリー,真野明裕 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1984/06/08 メディア: 文庫 クリック: 4回 この商品を含むブログ (9件) を見る

毒入りチョコレート事件【感想・雑記】ーアントニイ・バークリー

本作は、1929年にアントニイ・バークリーによって書かれた長編推理小説で、彼の代表作の一つです。 毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫) 作者: アントニイ・バークリー,高橋泰邦 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2009/11/10 メディア: 文庫 …

生涯ベストテンの一角【感想】アントニイ・バークリー『第二の銃声』

発表年:1930年 作者:アントニイ・バークリー シリーズ:ロジャー・シェリンガム5 じつは、本作に挑むまでに処女作の『レイトン・コートの謎』しか読んでいなかったため、何作か飛ばして本作を読むのには若干の躊躇いがありました。 そんな躊躇いを消し去っ…

レイトン・コートの謎【感想・雑記】ーアントニイ・バークリー

最近ゲームしてないなぁ… DSの逆転裁判シリーズが好きで、全作やってたんですが、レイトン教授シリーズもかなり気になってました。あれ、面白いんですか?いつかやってみようと思います、