僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

【スポンサーリンク】

とりあえず頭の中がごちゃっとなってきたので整理整頓。

 

前回投稿した3/10以降のやつ。

 

3月中旬に人事内示が出る予定だったが出ず。

ソワソワして出勤したけど出ずイライラ。

成績評価はそれなりに良い評価点だったけど、全体順位で結果は出ず特別昇給や加算は無し。昇格後一発目の評価だったのでそこまで高評価は期待していなかったが、新しいボスのもと1年間色々と振り回されながらやり切った感もあったので、ちょっと悔しい。異動は決定的だったので、3月末までのやる気が一度0に。

 

新型コロナウイルスの影響で、色んな会議や折衝が無くなった。同時に同僚たちとの飲み会も無くなって残念。結局、職場の人とお別れ会もできずに終わってしまった。これが最後じゃないといいけど。

 

志村けんさんの死は、これが最後じゃないといい、が身に染みる出来事の一つ。

 

ようやっと異動先が決まる。

希望が全て叶えられていたので驚き。頑張るぞ、という気持ちが沸くと同時に後片付けする気が完全に0に。

 

4月

新入社員とタッグを組んで頑張ることになる。

自分が新入社員の時を思い出してニヤニヤ。若い時に出会った先輩には、今でも影響を受けているし、その人たちの少しずつが今の自分を形成している。良い手本となれるよう頑張りたい。

 

残業に次ぐ残業。

不思議と楽しい。新しい環境でのワクワクと、未知の職務内容に触れる喜びと、それを早く手中に収めたいという勉強欲/知識欲みたいなものが爆発して馬鹿になってる気がする。

 

本を読みたい。

読み始めて1か月近く経つが、今はエドワード・D・ホックの『怪盗ニック全仕事1』(創元推理文庫発行)を読んでいる。「価値の無いもの」専門の泥棒ニック・ヴェルヴェットが活躍する短編集。オシャレな解決の中にピリッと辛みの利いた捻りがあって、各話新鮮な気持ちで読める。

 

ブログも書きたい。

レックス・スタウト『料理長が多すぎる』から感想書きが止まっている。

とりあえずこの記事を書いてストレスは発散できたので、仕事が落ち着いたらガンガン書きたい。

 

みんな元気でね。

明石家さんまさんが病気は気持ちで治す(というか罹らない)みたいな主旨のことを言っていたことがあるけど、その強い気持ちって=自然と思いを形に、行動に移すことなんじゃないかと思ってきた。

自粛励行の雰囲気の中、一生に一度のイベントがどんどん矢継ぎ早に過ぎて行って、悲しく悔しい思いをした人はたくさんいるだろうけど、生きていれば、こそその悔しさを晴らす人生が送れるんだよ。悔しく無念なまま死んだり、誰かを間接的に不幸にしてしまう悲劇だけは避けたいね。

 

一方で東京オリンピックを目指してきた世界中のアスリートたちのことを思うと胸が痛い。『スラムダンク』の桜木花道が「俺は今なんだよ!!」と叫んだシーンがパッと浮かんだ。「今」を逃してしまうかもしれない恐怖や不安を抱えている人に、アスリートでもなんでもない自分が言うのはおこがましいけど、諦めず頑張ってほしい。自分も頑張る。感染を最小限に抑えれるよう行動を見直すし、身近なところで啓発活動も増やす。安心して2021年が迎えられるように、長期戦を乗り越えることができるように、「今」を過去のものにさせないように、頑張る。

 

では。