僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

2020-02-25から1日間の記事一覧

『血の収穫』ダシール・ハメット【感想】小柄で肥った中年男に憧れる

1929年発表 探偵コンチネンタル・オプ1 創元推理文庫発行 田口俊樹訳 本書は、ハードボイルド推理小説のスタイルを確立させたダシール・ハメットのデビュー作。 主人公はコンティネンタル探偵社の探偵“私”。作中では、彼の本名を含め年齢や経歴すら明かされ…