僕の猫舎

主に海外ミステリの感想を綴るブログです

小説

ミステリだと思い込んで読むのはアリ【感想】G.K.チェスタトン『木曜の男』

発表年:1908年 作者:G.K.チェスタトン シリーズ:ノンシリーズ 訳者:吉田健一 いつも「ミステリ」の書評を中心に書いてるせいか、今回は久々に筆というか、キーボードがノらない感想書きになりそうです。なんたって、ミステリじゃあないんですからね… た…

断然ひとつ前の作品からオススメします【感想】カーター・ディクスン『パンチとジュディ』

発表年:1936年 作者:カーター・ディクスン(J.D.カー) シリーズ:ヘンリ・メリヴェール卿5 訳者:白須清美 「カーって面白いの?」この本を手に取って、そう思ったあなた。そんなあなたにこそ、この小説を読んでもらいたい! 私が今回手に取ったハヤカワ…

ダブルホワイダニット現る【感想】クレイグ・ライス『時計は三時に止まる』

発表年:1939年 作者:クレイグ・ライス シリーズ:J・J・マローン 訳者:小鷹信光 さあ辿り着きましたよ。初クレイグ・ライスです。 ミステリ玄人の中でも愛読者が多い彼女の処女作をついに読みました。 “ユーモア本格”の代表格とも呼ばれる本シリーズです…

おいおいルパンかよ→誠に申し訳ございませんでした【感想】カーター・ディクスン『一角獣の殺人』

一角獣の殺人 (創元推理文庫) posted with ヨメレバ カーター・ディクスン 東京創元社 2009-12-20 Amazon Kindle 発表年:1935年 作者:カーター・ディクスン(J.D.カー) シリーズ:ヘンリー・メリヴェール卿4 訳者:田中潤司 今年度の下半期は、カー作品を…

ギロチンの刃の切れ味に劣らないH・M卿の名推理【感想】カーター・ディクスン『赤後家の殺人』

赤後家の殺人 (創元推理文庫 119-1) posted with ヨメレバ カーター・ディクスン 東京創元社 1960-01-15 Amazon Kindle 発表年:1935年 作者:カーター・ディクスン(J.D.カー) シリーズ:ヘンリー・メリヴェール卿3 粗あらすじ 「部屋が人間を殺せるものか…

密室の使い方が冴えている【感想】カーター・ディクスン『弓弦城殺人事件』

弓弦城殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 6-1)) 作者: カーター・ディクスン,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1976/04/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (11件) を見る 発表年:1933年 作者:カーター・ディ…

若いうちに読むべし【感想】モーリス・ルブラン『813』『続813』

813 (新潮文庫―ルパン傑作集) 作者: モーリス・ルブラン,堀口大学 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1959/05/27 メディア: 文庫 クリック: 12回 この商品を含むブログ (27件) を見る 813 (続) (新潮文庫―ルパン傑作集) 作者: モーリス・ルブラン,堀口大学 出…

騒々しく喧々たる…本格ミステリ【感想】ジョージェット・ヘイヤー『紳士と月夜の晒し台』

紳士と月夜の晒し台 (創元推理文庫) 作者: ジョージェット・ヘイヤー,猪俣美江子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2011/05/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 37回 この商品を含むブログ (18件) を見る 発表年:1935年 作者:ジョージェット・ヘイ…

劇場型ミステリのお手本【感想】S・S・ヴァン=ダイン『カブト虫殺人事件』

カブト虫殺人事件 (創元推理文庫 103-5) 作者: ヴァン・ダイン,井上勇 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1960/04/01 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (10件) を見る 発表年:1930年 作者:S・S・ヴァン=ダイン シリーズ:ファイロ・…

粗の数々もそれすら愛おしい【再読感想】アガサ・クリスティ『スタイルズ荘の怪事件』

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,矢沢聖子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2003/10/01 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 10回 この商品を含むブログ (47件) を見る 発表年:1920年 …

物語は腰砕け?【感想】レックス・スタウト『腰ぬけ連盟』

腰ぬけ連盟 (ハヤカワ・ミステリ文庫 35-2) 作者: レックス・スタウト,佐倉潤吾 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1978/06 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (2件) を見る 発表年:1935年 作者:レックス・スタウト シリーズ…

一冊で二度おいしい短編集【感想】アガサ・クリスティ『パーカー・パイン登場』

パーカー・パイン登場 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサクリスティー,Agatha Christie,乾信一郎 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/01/01 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (6件) を見る 発表年:1932~1934年 作者:…

一部ミステリ初心者にとっての関門あり【感想】ドロシー・L・セイヤーズ『ピーター卿の事件簿Ⅱ顔の無い男』

顔のない男―ピーター卿の事件簿〈2〉 (創元推理文庫) 作者: ドロシー・L.セイヤーズ,Dorothy Sayers,宮脇孝雄 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2001/04 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (5件) を見る 発表年:1925~1939年 作者:ド…

フレンチ警部シリーズのトライアルにしてはまずまず本気【感想】F.W.クロフツ『ポンスン事件』

ポンスン事件 (創元推理文庫 106-2) 作者: F.W.クロフツ,井上勇 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1989/12/12 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (3件) を見る 発表年:1921年 作者:F.W.クロフツ シリーズ:ノンシリーズ ようやくクロ…

解説もまた名作【感想】G.K.チェスタトン『ブラウン神父の醜聞』

ブラウン神父の醜聞 (創元推理文庫 110-5) 作者: G.K.チェスタトン,中村保男 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1982/10 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (9件) を見る 発表年:1935年 作者:G.K.チェスタトン シリーズ:ブラウン神父…

クリスティの復讐成るか!?中期の意欲作【ネタバレ感想】アガサ・クリスティ『愛国殺人』

愛国殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,加島祥造 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/06/14 メディア: 文庫 クリック: 12回 この商品を含むブログ (19件) を見る 発表年:1940年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:エ…

バランスのとれた絶妙な中編ミステリ【感想】ジョン・ディクスン・カー『第三の銃弾』

第三の銃弾 完全版 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: カーターディクスン,Carter Dickson,田口俊樹 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2001/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 発表年:1937年 作者:ジョン・ディクスン・カー シリーズ:…

作者がぐいぐい覗いてくるある意味意欲作【感想】C・デイリー・キング『海のオベリスト』

海のオベリスト (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ) 作者: C.デイリーキング,C.Daly King,横山啓明 出版社/メーカー: 原書房 発売日: 2004/09 メディア: 単行本 クリック: 10回 この商品を含むブログ (17件) を見る 発表年:1932年 作者:C・デイリー・キン…

まるで洋食屋のオムライスのような【感想】マージェリー・アリンガム『キャンピオン氏の事件簿I窓辺の老人』

窓辺の老人 (キャンピオン氏の事件簿1) (創元推理文庫) 作者: マージェリー・アリンガム,猪俣美江子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2014/10/14 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る 発表年:1936~1939年 作者:マージェリー・アリンガ…

クセ?アク?なぜこんなに好きになれないのか【感想】レックス・スタウト『毒蛇』

毒蛇 (1978年) (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: レックス・スタウト,佐倉潤吾 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1978/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る まず表紙のクセがすごい。 発表年:1934年 作者:レックス・スタウト シリーズ:ネロ・…

トリックの大渋滞につき注意【感想】ジョン・ディクスン・カー『三つの棺』

三つの棺〔新訳版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: ジョン・ディクスン・カー,加賀山卓朗 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/07/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (15件) を見る 発表年:1935年 作者:ジョン・ディクスン・カー シリーズ:ギ…

これは良い伯母ミステリ【感想】アントニイ・バークリー『ピカデリーの殺人』

ピカデリーの殺人 (創元推理文庫) 作者: アントニー・バークリー,真野明裕 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1984/06/08 メディア: 文庫 クリック: 4回 この商品を含むブログ (9件) を見る

世にも奇妙な短編集【感想】ドロシー・L・セイヤーズ『ピーター卿の事件簿』

ピーター卿の事件溥―シャーロック・ホームズのライヴァルたち (創元推理文庫) 作者: ドロシー L.セイヤーズ,宇野利泰 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1979/03/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (19件) を見る

杉なのに花粉症にならないヒーリングミステリ【感想】『杉の柩』アガサ・クリスティ

杉の柩 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,恩地三保子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/05/14 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (30件) を見る

見取図はいらないけど間取図だけは欲しい【感想】『死時計』ジョン・ディクスン・カー

死時計 (創元推理文庫 (118‐22)) 作者: ディクスン・カー,吉田誠一 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1982/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る

謎解きも容易だ【感想】アガサ・クリスティ『殺人は容易だ』

殺人は容易だ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 作者: アガサ・クリスティー,高橋豊 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2004/03/16 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (10件) を見る

ABC殺人事件を連想させる完全殺人【感想】クリストファ・ブッシュ『完全殺人事件』

完全殺人事件 (創元推理文庫) 作者: クリストファブッシュ,Christopher Bush,中村能三 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1959/12/11 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る

どうか神様こんなクリスマスになりませんようにアーメン【感想】アガサ・クリスティ『ポアロのクリスマス』

発表年:1938年 作者:アガサ・クリスティ シリーズ:エルキュール・ポワロ17 「思いきり兇暴な殺人を」 というリクエストを受けて作られた本作は、その期待に応えるだけの力作にはなっています。多少ハリボテ感がしないでもないですが… まずは粗あらすじ ク…

堂々と生涯ベストテンにくい込む超傑作【感想】パトリック・クェンティン『俳優パズル』

俳優パズル (創元推理文庫) 作者: パトリック・クェンティン,白須清美 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2012/09/27 メディア: 文庫 クリック: 8回 この商品を含むブログ (15件) を見る

考える機械が現実味のある今読みたい1作【感想】ジャック・フットレル『思考機械の事件簿Ⅰ』

思考機械の事件簿 1 (創元推理文庫 176-1 シャーロック・ホームズのライヴァルたち) 作者: ジャック・フットレル,宇野利泰 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1977/07/15 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (9件) を見る